シラヌイ、ダンケルと並ぶ怪力御三家

早々にSS化が決まり、当時は一線級だったツバキちゃん。

コストが安く、飲ませたエーテルの量に違わぬ働きをしてくれる彼女はみんなから愛されていました。

しかし、イェルノーという同等〜やや上位互換のキャラが出た時から何かが狂いはじめたのでした。。。

当時のツバキ持ち「おいおい、しこたまエーテル飲ませたうちのかわいいツバキちゃんが次の6段で活躍するはずだったのに!みんなに配ったら優位性がなくなるじゃんか!運営のバカバカバカ!イェルノーあっても私はツバキを使うんだから!」

とは思いつつも、ひたすら絶級をまわしイェルノーをフル覚醒させてしまうのが無課金の悲しい性。
そしてデッキにいれるとわかるパネブのありがたみとSSの早さ。

イェルノーの出現以降フル覚ツバキの居場所は急速に奪われていったのです。哀しい。

しかし、そんな彼女が活躍出来る場はまだあります!

それはリュコス2戦目に代表される特攻隊長。

初戦から高火力が出せ、HP攻撃UPの潜在でデッキ全体の底上げをしつつ、敵全体に大ダメージを与え散っていく…。

これぞ、大和撫子。強く美しい彼女をこれからも使っていこうではありませんか。

ザラジュラム?あーあーあー聞こえないー。

ツバキにとって今は冬。じっと堪え忍ぶのです。

SS以上のレアリティ実装でまた一線級に返り咲くと信じて…。